患者さんと医師をつなぐ医療情報サイト
icon
記事を探す(部位/病名)
icon
医師を探す
icon
症例を探す
icon
医療機関を探す
東京脊椎・関節クリニック羽田(2024年8月開院)
顧問医師

谷 諭

先生
(たに さとし)

基本情報

対応疾患

  • 頚椎
    頚椎ヘルニア、頚椎症性脊髄症、変形性頚椎症、頚椎後縦靭帯骨化症など
  • 胸腰椎
    腰椎ヘルニア、腰椎分離症/すべり症 、腰部脊柱管狭窄症 、圧迫骨折、成人脊柱変形症、側弯症など

医師メッセージ

 当院の顧問医師に着任いたしました谷諭と申します。東京慈恵会医科大学附属病院の脳神経外科にて頚椎椎間板ヘルニアや変形性頚椎症などの脊椎・脊髄疾患の手術にあたっておりました。当院では外来診療も行ってまいりますが、地域の脊椎・脊髄疾患にお悩みの患者様の声と真摯に向き合い、脳神経外科的な視点をもってそれぞれの症状に対処いたします。また、大橋聡先生とともにオペ室に立ち、患者様お一人おひとりに対し、診察から治療まで責任をもって対応いたします。

経歴など

資格

  • 日本脊髄外科学会名誉指導医
  • 日本専門医機構認定脳神経外科専門医
  • 日本脳神経外科専門医

所属学会

所属医療機関

略歴

1979年東京慈恵会医科大学卒業
1979年東京慈恵会医科大学 脳神経外科 入局
1984年アメリカ Loma Linda大学 脳神経外科
1986年東京慈恵会医科大学 脳神経外科 助手
1991年東京慈恵会医科大学 脳神経外科 講師
2000年東京慈恵会医科大学 脳神経外科 准教授
2008年東京慈恵会医科大学 脳神経外科 教授
2016年東京慈恵会医科大学 附属病院 副院長(2019年3月まで)
2020年東京慈恵会医科大学 附属病院 脳神経外科客員教授

自書

テキメン!腰痛持ちの医者が考えた治療法 85%の肩こり・腰痛は自分で治せますマガジンハウス2010年
仕事が楽しくできる人の脳の習慣KADOKAWA2011年
頭のいい人がしている脳のトレーニングマガジンハウス2010年
自分で治せる 背骨スッキリ健康法KADOKAWA2010年
ほんとうに危ない スポーツ脳震盪大修館書店2016年

論文

Somatosensory-Evoked Potential  in RatsLoma Linda University Surgeon 1986 4:6-11Tani S, Purtzer T, Yamada S
Extensibility of the lumbar and  sacral cord -Pathophysiology of the tethered spinal cord in catsJ Neurosurgery 1987; 66:116-23Tani S, Yamada S, Knighton R
Lumbosacral lipoma with postoperative improvement of neurological monitoring -case report-Jikeikai Med. J 1992, 39:65-72Tani S,Nakamura N, Shinoda S, Koyma T, Tanaka H, Nakabayashi H
Acute subdural hematomas in boxers. Correlation with diffuse brain injuryICRAN 94 1994;2: 325-8Tani S, Sawauchi S, Murakami S, Nakamura N
A cae of solitary syringomyeliaAnnual review of hydrocephalus 1994; 10:163-5Tani S, Numoto T, Kamikubo T, Nakazawa K, Koyma T, Shinoda S
Changes in lumbosacral canal length during flexion and extension: Dynamic effect in the elongated spinal cord in the tethered spinal cordAnnual review of hydrocephalus 1994; 10:194-5Tani S, Yamada S, Fuse T, Nakamura N
Vascular orientation by intra-arterial dye injection during spinal arteriovenous malformation surgeryNeurosurgery 2001;48:240-2Tani S, Ikeuchi S, Hata Y, Abe T
Laminoplasty with preservation of posterior cervical elements: surgical techniqueNeurosurg 2002; 50: 97-102Tani S, Isoshima A, Nagashima H, Numoto T, Abe T
Surgical strategy for anterior sacral meningoceleNeurol Med Chir (Tokyo) 2010;50: 83-6Tani S, Okuda Y, Abe T
Implant-free cervical laminoplasty preserving posterior elementsEurospine 2005;14:71Tani S, Isoshima A, Nagashima H, Numoto RT, Abe T
New surgical technique to secure the bone strut during anterior cervical corpectomy and fusion: Kusabi fixation techniqueNeurol Med Chir (Tokyo) 2010;50: 83-6Tani S, Homma T, Uchikado H, Nagashima H, Isoshima A, Ohashi H, Tochigi S, Abe T
A unique device, the disc space –fitted distraction device, for anterior cervical discectomy and fusion: early clinical and radiological evaluationJ Neurosurg Spine 2010;12: 342-6Tani S, Nagashima H, Isoshima A, Akiyama M, Ohashi H, Tochigi S, Abe T
New titanium spacer for cervical laminoplasty: Initial clinical experienceNeurol Med Chir (Tokyo) 2010;50: 1132-6Tani S, Suetsuna F, Mizuno J, Nagashima H, Akiyama M, Isoshima A, Ohashi H, Hirano J, Abe T
Cervical posterior approach: Laminoplasty. in Essential practice of neurosurgeryAccess Publishing Co Ltd. 2010:790-9Tani S

診察予約可能な医療機関

東京脊椎・関節クリニック羽田(2024年8月開院)
住所
東京都大田区東六郷2丁目20−25
最寄り駅
京浜急行電鉄本線 雑色駅